Vラインエラ縮小術

さらに細く、スリムなVラインフェイス!

Vラインエラ縮小術

張り出してるエラから脱出して小さく、細い童顔を完成しましょう!

耳の下、エラから顎先まで矯正して
理想的なフェイスラインを作ります。

横からの顎ラインを縮小するエラ削り手術と前顎を細くするT接骨術を一緒に行う手術として、耳の下のエラから顎先まで除去し、
さらにすっきりとしたフェイスラインを作ってくれる輪郭手術法です。

既存のエラ削り手術は丸い前顎を細くする事に限界がありましたが、
エラ削り手術とT接骨術を一緒にすることによりさらに細くて完璧なVラインの顔の型を作ることが可能になりました。

‘長所がとても多いVラインエラ縮小術

数多くのケースを個別に診断し、個別オーダーメイド美容整形を行います。

Vラインエラ縮小術の手術方法

STEP 01

顎先の部分をT字の形で
骨切します。

STEP 02

骨切した骨の真ん中の部分を
除去します。

STEP 03

接骨した両側の骨を集めて、
固定させます。

STEP 04

エラを削ります。

STEP 05

削った両側の骨を除去して
小さくて細いVラインが完成されます。

回し切りだけでは何か不足している!
側面から見て、
顎先まで小さくて細いのが
本当のVライン!

角のない、シュッとして整えた
側面Vライン効果
顎先が小さくて細い正面Vライン効果
顔を最大限に小さくて細くする
リアルVライン効果

‘グロービ―Vラインエラ縮小術がもっと特別な理由’

多様な手術法を 保有し、
1:1 オーダーメイド 方式の手術可能。

豊富な経験と ノウハウの
専門医療スタッフと専門施設

副作用を 最小化した
安全な手術方法

手術後の痛みから回復までの
体系的な管理

グロービ―ならではの輪郭手術のアフターケアシステム

手術前から手術後まで責任をもってアフターケアし、早い回復を助けます。

豊胸術10年責任保証制

グロービー美容整形外科は豊胸術後、10年間手術後の副作用などが
発生する問題について患者様を最後まで責任を負います。

Vラインエラ縮小術の手術情報