グロービー豊胸

繊細な美しさ

グロービー豊胸術

個人の体型を考慮したオーダーメイドシリコンバックを使い、 自然で安全な豊胸術を完成します。

最も精巧に最も自然に
形から肌触りまで真の美しさ

豊胸術は単に豊胸だけ行う手術ではないです。

自然な豊胸をするためには十分なカウンセリングと議論を通じ、使用されるシリコンバックの長所や短所を理解して
個人の体形の状態によって最も適した手術方法と豊胸シリコンバックを選択することが何より重要です。
グロービー美容整形外科の豊胸術は、熟練された医師の精密な診断と患者の十分な理解を基に進行され、満足な結果を得られます。

 

‘豊胸術の長所

‘シリコンバックの種類

米国FDA、韓国KFDAから承認された純正品のみを使用。

シリコンバックは内容物、形、表面状態などに区分されます。
シリコンバックは胸のボリューム、形、触感などを決定する豊胸術の最も重要な要素であるため、よく判断して自分に合うシリコンバックを選択することが重要です。
グロービー美容整形外科は、米国FDA、韓国KFDAから承認された純正品のシリコンバックだけを用いて安全な手術を行います。

スムースなタイプ

表面が柔らかくすべすべして手術後の感触がいいです。
体によるシリコンバックの動きが自然で、 手術時にシリコンバックの位置を決めることが容易です。

テクスチャータイプ

表面がざらざらしたタイプで、
体の動きによるシリコンバックの移動が少ないです。
表面が粗い為、球形拘縮の危険性が低く、
手術後のマッサージが必要ありません。

しずく型タイプ

表面が荒いテクスチャータイプで、
手術後乳頭の先が少しさらに上がるため、
胸の曲線を極大化させます。
荒いため、球形拘縮の危険性が低く、
手術後にマッサージする必要がありません。

‘シリコンバックの挿入位置による手術方法

ケースごとによって異なり、最も適した手術方法を提案

大胸筋の下にシリコンバックを挿入する方法でシリコンバックの上に胸の筋肉に覆われ、豊胸術後の形が自然で肌触りがいいです。手術中、血管と組織の損傷度も少なく、球形拘縮の発生率が低く、乳腺組織とシリコンバックが筋肉によって互いに離れているため、母乳授乳も可能です。

乳腺組織のすぐ下にある大胸筋の上の方にシリコンバックを入れる方法で、大胸筋の収縮による変形が少ないです。シリコンバックを乳腺組織のすぐ下に挿入するため、乳腺組織が十分ではない場合は手術後、シリコンバックが気づかれることがあります。胸がたるみすぎて垂れ下がっている場合や運動選手たちに適した手術方法です。

シリコンバックの上の部分は胸の筋肉の下、
下の部分は胸の筋肉の筋膜下に挿入する方法で、
最近、乳房学会から注目されている新しい豊胸術です。
ぎこちない胸の形などの豊胸術の短所を減らし、自然な豊胸術を可能にし、たるんだ胸の矯正にも効果的な手術方法です。


長所が多い自然癒着埋没の二重まぶた
埋没法と切開法の長所だけを極大化

最近一番切開する切開法で、HD内視鏡を通じて手術過程を直接見ながら進行するため、組織の損傷度を減らし、内出血を最小化し、手術後の痛みが少なく回復が早いです。

胸の下の皺に沿って切開してシリコンバックを入れる方法で最も手軽に希望する形のシリコンバックが入る空間を正確に作れる長所があります。乳房の下の皺などが鮮明な場合にとても有用な方法です。

乳輪切開法は乳輪の直径が3.5cm以上になってこそ可能な手術方法であり、出産経験があったり、乳輪の色が濃くて大きい方は乳輪切開法で手術すると、傷跡が露出されることがほとんどありません。

‘グロービーの豊胸術がより特別な理由’

先端HD内視鏡豊胸術

先端HDの内視鏡を通じて手術過程を
直接見ながら手術を進めるため、
組織の損傷を最小化して
手術後の痛みが少なくて
早い回復が可能です

ノータッチミニマイズ
豊胸術技法

無菌処理された使い捨ての下敷き
(カールファンネル)にシリコンバックを挿入し
安全で感染の危険が少ないです。

FDA承認
正品シリコンバック使用

米国FDA、韓国KFDAから承認を受けた
正品のシリコンバックだけを用いて安全な手術を進めます。
信頼されるシリコンバック
専門企業の正品製品のみを使用して
皆様の健康を守ります。

グロービー豊胸術
事後管理システム

手術後の経過による体系的な事後管理を通じ、

早い回復を助け、手術後の痛みと傷跡を最小化します。
先端スマートルックスなどによるグロービー豊胸術事後管理システムを通じて手術後。早く日常に戻れます。

微細血管組織損傷
NO

内視鏡を通して微細血管と組織を直接確認し、手術を行うため、血管と組織の損傷を減らし、神経感覚の保存が可能です。

自然で弾力がある豊胸術

熟練された胸専門医療陣が自然で弾力のある豊胸術を約束します。

傷跡最小化

最小限の切開で傷跡がほとんど見えず、傷跡管理システムにより短時間内に傷跡を治癒できるように手助けをします。

速い回復

内視鏡を通して手術過程を直接見ながら進行するため、血管と組織の損傷を減らし、手術後、痛みを減少させ、早い回復が可能です。

グロービー豊胸術事後管理システム

正確な手術、早い回復のためのグロービーアフターケア

豊胸術10年責任保証制

グロービー美容整形外科は豊胸術後10年間手術後の副作用などが
発生する問題について患者様を最後まで責任を負います。

当日退院可能

正確な剥離、少ない組織損傷度、短い手術時間、少ない痛症、最小出血で
回復が早い為、手術後、当日退院が可能です。

痛症最小化システム

早くて正確な手術を行うため、組織の損傷が最小化される、手術後の痛みが少なくなります。
また、72時間無痛注射で痛みを著しく少なくしてくれます。

G‐Cellアンプル傷跡管理システム

傷跡の除去に卓越な効果を見せるグロービーならではのG-Cellアンプル注射管理で、
切開部位の傷後に短時間内に改善効果を得ることができます。

グロービーならではの補正ブラ提供

グロービーならではの特化した技術で製作された補正ブラは豊胸術後、着心地がよくて胸の模様がちゃんと整われるようにします。
個々人に合うサイズで持続的な管理を助け、胸の非対称を予防します。

最先端のスマートルックス管理

手術部位に良質の超音波を均一に放射し手術回復を促進させ、細胞活性化と皮膚の弾力を増加させます。

豊胸術の手術情報